アートメイクで美しく

Pocket

アートメイクは、刺青と似ており、皮膚の浅い部分にニードルを使い色素を入れていきます。刺青は一度色を付けると、レーザーで除去しないと消せませんが、アートメイクは、皮膚の新陳代謝にともない、時間と共に自然と色が消えていきます。また、レーザーを使えば、いつでも取り除いて消すこともできます。

アートメイク体の中でも、アートメイクを行える場所は、眉、アイライン、リップラインがメインとなり、化粧したように、顔に色を付けるために行います。特に女性なら毎日化粧をするような顔のパーツに色を付けることができ、アイラインやリップラインを目立たせることで、化粧しないでも美しく見せられます。またアートメイクによって、化粧したように顔を鮮やかに彩るので、化粧の時間を短くすることもできます。アートメイクであれば、皮膚に色を付けるので、雨などで濡れても、色が消える心配もありません。

顔に施術して色を付けるのがアートメイクとなり、美容クリニックで施術を受けます。顔のどのパーツにアートメイクを施すにしても、事前にドクターの方とよく相談し、カウンセリングを受けましょう。一度アートメイクを施すと、2年ぐらいは色が残るので、その期間は化粧の時間を短くでき、顔を鮮やかに美しく見せられます。また色は徐々に薄くなっていくので、もしも長い時間きれいに保とうとするならば、半年は1年に1回はメンテナンスを受けて、再度アートメイクを施し、色を補強します。